「売りたいサポート関西」不動産売却を依頼する不動産会社総合情報サイト

2017.08.25

不動産投資における「損切り」のタイミング

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

不動産に関わらず投資において重要なことは「利確」と「損切り」です。その中でも投資用不動産の場合、損失の拡大を防ぐためには適切な売りのタイミングを逃さないことが重要と言えます。ここでは不動産を売却する適切なタイミングや基準を考えてみましょう。

◆ 為替の変動と売却のタイミング

不動産と為替や株はの動きは連動する可能性が高いと言われております。そしてその連動は不動産が株や為替に少し遅れて連動するというのが一般的です。ここでポイントになってくるのは不動産の場合、売却に時間がかかるというところです。
早期に相談できる不動産会社を作って、売却にかかる時間を計算にいれた上で、市場の動きを慎重にみておくことが大事ですね。
不動産は高額なため、価値の変動も大きいです。市場をしっかり把握し、うまく売り抜け、「損切り」を成功させましょう。

◆ 「損切り」をするメリット

「損切り」とは、何も今の不動産投資を諦めようというネガティブな話ではありません。
だらだらと今の不動産で粘っていくよりも、現在の不動産を売却してもっと利回りの高い不動産などに組み替えることで利益を最大化することも大きな目的になります。
もしお持ちの投資用不動産で悩んでいるのであれば、再投資も含めたトータルの提案をしてくれる不動産に相談してみるのも一つかもしれません。先ほどのタイミングの話でもありましたが、「資本」と「利回り」がすべての投資においては早め早めの行動・決断が大事になってくるということですね。

売りたいサポートでは居住用の不動産はもちろん、「投資用不動産を売りたい」というニーズにもお応えできる不動産会社が多数掲載されております。高額な資産を動かす上で、信頼できる不動産会社との出会いはとても大切です。適正な査定、スムーズな売却、丁寧な対応、タイミングや売却後の提案など、いろいろな角度で不動産会社をみてください。皆さまがそれぞれにとってピッタリの不動産会社と出会う事に、売りたいサポートが少しでもお力になれればと思います。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
売りたいサポート関西掲載店舗募集中

新着お役立ちコラム