「売りたいサポート関西」不動産売却を依頼する不動産会社総合情報サイト

2017.07.27

不動産売却方法「仲介」と「買取」の違いとは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

不動産売却を不動産会社を利用して行う際には、大きく分けて「仲介」と「買取」の2つの方法があります。
どちらともメリット・デメリットがありますので、ここではそれぞれの方法について比較しながら解説いたします。

◆ 「仲介」と「買取」の違いとは

「仲介」と「買取」の取引での大きな違いのひとつは、売却価格です。一般的に、買取よりも仲介の方が売却価格が高くなる傾向にあります。
今までの不動産売却の方法は主に不動産会社がオーナー様に代わり、不動産買主を一般に広く探す売却活動を行い、売買取引を成立させる「仲介」がメインでした。
しかし最近では、この仲介の他に不動産会社がオーナー様の不動産をそのまま買い取る「買取」という方法が増えていました。買取する不動産会社が買取査定をし、直接売主様と売買交渉を行い、お互いに納得すれば売買取引を成立させます。
どちらの場合も、まったく同じ不動産取引が行われます。

◆「仲介」と「買取」のメリットとデメリットとは

「仲介」のメリット・デメリット

メリット
• 一般的に買取よりも売却価格が高くなる傾向にある
デメリット
・買取よりも売却までに時間を要する
・売却時期、金額の見通しが正確に立てられず、資金計画が立てられない
・売却していることを近隣などに隠しておくことが難しい
・不動産会社に支払う仲介手数料がかかる
・不動産によっては、リフォーム費用がかかる可能性がある
・瑕疵(かし)担保責任に問われる可能性がある

「買取」のメリット・デメリット

メリット
・売却価格に合意できれば売却が迅速に行える
・価格に合意できれば、売却時期や金額が確定するので、正確な資金計画が立てられる
・売却活動を行うことを周囲に隠すことができる
・不動産会社に支払う仲介手数料が不要
・瑕疵(かし)担保責任に問われる可能性がない
デメリット
・売却価格が仲介よりも安くなる

上記のように買取の最大のメリットは、何と言っても査定価格に合意できれば、すぐに不動産を現金化できることです。周囲に知られずに迅速に売却が必要な場合は、不動産会社による買取をお勧めいたします。
しかし、買取は仲介と比べると、売却価格が仲介に比べて低くなってしまう傾向にあります。
買い取った不動産会社がそのまま、あるいはリフォームなど付加価値を付けた後に市場価格で売却することで、利益を出すことが目的の為、その分価格が低くなってしまいます。
なお、最近は仲介する不動産会社でも買取も行えるところが増えてきているので、不動産売却をお考えのオーナー様はご自身の状況を踏まえ、途中で仲介から買取へ変更することも可能な場合もございます。
売却金額か、売却までのスピードか、ご自身の状況に合わせてご自身の要望にあった売却活動のできる不動産会社へぜひ相談してみましょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
売りたいサポート関西掲載店舗募集中

新着お役立ちコラム