「売りたいサポート関西」不動産売却を依頼する不動産会社総合情報サイト

2019.04.22

手入れをしていない物件の売り方とは

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
結婚や転勤が理由で、もともと住んでいた家が空き家になっているケースはよくあります。
筆者の地元である兵庫県宍粟市でも、空き家が多く、中には長年放置されているボロボロの物件も数多く見られます。
長い間人の出入りがない空き家は、通常の人が住んでいる物件に比べて、何倍も早く劣化が進むと言われています。
そんな古くて手入れもしていない物件ですので、売りたくてもなかなか買い手が付かないのではないか、売れたとしても大した金額にならないのではないかという不安を抱えるオーナー様は多いかと思います。

メンテナンスをしていない物件を売る方法とは

実際、メンテナンスがされていない物件ですと、買主が自分でリフォームをする必要がある分、物件価格は下がってしまいます。
そのため、はじめから安い値段で売り出すことで買い手が付きやすくなります。
そこらへんを少し工夫して、リフォームにかかる概算費用とセットでアピールすることも一つの手かもしれません。
いくらぐらいかければどれくらいのリフォームができるのかが分かっていれば、具体的なイメージが湧くため購入に踏み切りやすくなります。
また、リノベーション用の物件として販売する方法もあります。中古物件という名前ではなくリノベーション向け物件とする方が、より買い手のニーズに刺さりやすくなるのではないでしょうか。
リフォームやリノベーションを得意としている不動産会社に相談すれば最適な提案をしてもらえますので、初めての売却でも安心です。

まとめ

メンテナンスしていない中古物件を販売する場合、価格を大きく下げて売りに出すか、リフォーム・リノベーション用の物件として売りに出すと買い手がつきやすくなります。
ただ、掃除や換気、草むしりなどのお金のかからないメンテナンスは日頃から行っておくことをおすすめ致します。買い手が雑草まみれの庭を見た時、どうせ他のところもこれくらい手入れが行き届いていないのだろうという印象を与えるのを防ぐためです。
売りたいサポート関西では、リフォーム・リノベーションを得意としている不動産売買会社様も掲載しておりますので一度問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
売りたいサポート関西掲載店舗募集中

新着お役立ちコラム