「売りたいサポート関西」不動産売却を依頼する不動産会社総合情報サイト

2019.01.15

【マンション売却をお考えの方】ローンの仕組みと組み方解説!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

ローンはなんとなく難しいもの、という考えをお持ちではないでしょうか。
一見ややこしいように見えがちですが、基本的なポイントを押さえておけば問題はありません。
今回はそんなローンについてご説明致します。

そもそもローンって?

そもそもローンとは、住宅を購入する際に金融機関から借り入れる資金のことを指します。
ローンを組んでからは、
元金(借入金)と利息(元金×金利)
を合わせた額を返済していくことになります。
低金利のローンを取り扱っている金融機関を利用すれば、マンション購入のように多くの元金が必要なケースでも支払額を抑えることができます。

金利の種類

固定金利型

金利が固定され、借り入れ期間中に変動しません。返済額の計算が容易で、景気に左右されることもないため長期の計画が立てやすいことが特徴です。

変動金利型

金利が固定されず景気によって変動します。返済期間中、低金利状態が続けば安く済みますが、政策や景気動向によっては金利上昇のリスクがあります。

返済方法の種類

元利金等返済

月々の返済額が定額のため、長期の返済計画を立てやすいことが特徴です。
しかし、返済期間が同じ場合、元金均等返済より総返済額が多くなってしまいます。

元金均等返済

ローン残高に応じた利息を支払うため、返済が進み元金が減るほど月々の返済額が減っていきます。
元金が減っていない返済当初が最も高額な利息を支払うため、当初の負担が大きくなってしまうことがデメリットではあります。

ローンが残っていてもマンションは売れる?

基本的にローンが残っている状態でのマンション売却はできません。しかし、不動産の引渡しが終了するまでに完済することができれば売却が可能となります。マンションの売却額から経費を差し引いた額が、ローン残高を上回っていれば完済することができます。
もしそれでも残高に達しない場合は、資金調達の必要があります。

資金調達はできない…けど売りたい!

自力での資金調達が難しい場合、以下の二つの手段を取ることで売却が可能になります。

買い替えローン・住み替えローン
売却したマンションのローン残高と、売却後に購入するマンションの購入資金を借り入れるローンです。返済額が増えてしまうため、月々の負担も増えてしまいます。

無担保ローン
担保の必要がない代わりに高い利息で借り入れることになります。どうしても売る必要があるというという時以外はおすすめしません。

最後に…

ローンを組む際に重要なのは返済計画をしっかり立てることです。
たとえば出産・育児等、子どもの養育費には莫大な金額がかかります。どの程度のお金が、どのタイミングで必要になるか、ご自身のライフプランに合わせて返済計画を立てるようにしましょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
売りたいサポート関西掲載店舗募集中

新着お役立ちコラム